地震監視装置

地震監視装置(SW-74SI)

SW-74の機能にSI値対応を加えたハイエンドモデル
10段階まで「加速度」「計測震度」「SI値」を個別に設定可能な多機能装置です。
地震ウォッチャー<SW-74SI> ハイエンドモデル

特長

  • ■表示機能

    LEDバックライトLCDを採用しています。情報の重要度をバックライトの色で表示するので、遠くからでも認識できます。
    地震発生時には、「発生時刻」「最大加速度」「SI値」「震度階(計測震度準拠)」を表示します。

  • ■メモリ機能
    最大50件まで履歴及び地震波形データ(1分x10個)の記録が可能です。
    ※波形データを取り出すためにはオプションが必要
  • ■警報設定
    3段階までの加速度による警報出力が設定可能です。また警報レベルは任意で設定可能です。
  • ■SI値対応ハイエンドモデルのみの機能
    一般的な建屋の被害と相関を持つSI値はガス・プラントで普及が進んでいます。SW-74SIはSW-74の機能にSI値対応を加えたハイエンドモデルです。
  • ■コンパクト
    コンパクトサイズなので設置が簡単です。ラック内に収めればすっきり収納できます。
  • ■操作が簡単
    指先で直接触れて操作できるタッチパネルを採用しています。操作が簡単なのでいざというときにも速やかな確認が可能です。
  • ■波形確認
    オプションソフトウェアをインストールしたパソコンとの接続により、装置の各種設定や、内部メモリに記憶された地震波形データを取得することができます。
  • ■電源対応
    AC100VかDC24V(オプション)から選択可能
    です。

システム構成

地震ウオッチャー<SW-74> 全体構成 地震監視装置 SW-72 既設のピックアップ VP-5113HHV等

外形図

地震ウオッチャー<SW-74SI> 外形図

仕様

仕様書ダウンロード
SW-74SI仕様書 (452KB)
項目 仕様
表示素子 タッチスイッチ付STNモノクロLCD(バックライト色:緑/橙/赤 <交換不要>)



地震監視画面 現在時刻
地震発生画面 地震発生時刻、最大加速度、震度階、警報動作
警報保持画面 上記+ リセットスイッチ(警報・ブザーの一括リセット)
各種設定画面 トリガ、警報、日時
メンテナンス画面 ピックアップテスト、地震履歴
警報及びブザー 上限3段(ALM1~3)個別設定、ブザー1点
警報設定値:0.1~999.9Gal(Gal/計測震度/Kine)
0.1ステップ、0.0はブザー動作OFF(震度階警報は計測震度値にて設定)






警報段数 上限7段(ALM 4~10)個別設定(加速度/計測震度/SI値 任意設定可能)
警報設定値 0.1~999.9(Gal/計測震度/Kine)
0.1ステップ、0.0は警報動作OFF(震度階警報は計測震度値にて設定)
警報接点 1a接点(フォトMOSリレー)独立COM2点(ALM 1~5、ALM 6~10、各1点)
接点定格 200V-0.65A (AC/DC兼用、ピーク値)
警報及びブザーの
復帰方式
a. 内部タイマによる自動復帰 1 ~ 9999 秒、( 設定間隔1 秒、0は自動復帰OFF)
b. 外部リセット端子 ( 無電圧a 接点により全段解除)
c. タッチパネルリセットスイッチ ( 警報保持画面にて有効)
FAULT警報 〔電源断及び装置異常〕1a/1b接点 切替式
接点定格:2A 30VDC(最大許容電圧/電流:220VDC/2A)
シリアル出力 メンテナンス用(RS232C準拠):MC1 (本体画面制御との切替式)
外部表示器用(RS422準拠):MC2
プリンタ用(RS232C準拠):MC2
無停電電源装置

停電補償10分間以上(待機時間)充電時間48時間以内
(電源オプションDC24V時は機能なし)

取付方法 壁掛け型
使用温湿度範囲 0 ~ +50℃ / 10 ~ 85%RH(結露しないこと)
使用電源 AC100V±10%、50VA以下
DC24 V±10%、70W以下(オプション)
質量 約3kg

オプション

■プリンタμTP-58E
μTP-581X
地震計からRS-232Cケーブルを介してプリンタに加速度値、計測震度、警報発生時刻を印字します。
■制御ユニットcu-5
CU-5
地震計の制御・遮断用警報接点出力の信頼性を高めるための装置で3台のうち2台が作動した時に警報を発信します。
■アナウンスマシンEV-350R
EV-350R
地震計と接続し、地震情報を放送することができます。
■時刻修正装置 GPSGPA-017SB  SA-259G-IMV

GPSを利用し自動修正します。

クラウド機能追加

クラウドロガー(別売り)追加で地震発生時のメール受信、過去の震度情報履歴を遠隔でPCやスマートフォンから確認が可能になります。ケーブル等のコストが削減ができ、さらにオプションのWebカメラを設置することにより、無人エリアの地震発生直後の画像も確認することができます。

  • SWシリーズ(製)

    SWシリーズ(IMV製)

  • クラウドロガーLTE(エコモット製)

    クラウドロガーLTE(エコモット製)

■設置イメージ
設置イメージ
■PC・スマートフォンから確認可能
PC画面・現場画像受信画面メール受信画面

※受信画面はイメージです。

■使用事例
  • 使用事例:上水道設備

    ・配水池など無人エリアの震度情報の
    集約に
    ・地震直後の画像受信に(オプション)

  • 使用事例:石油・化学プラント

    ・設置場所以外での震度表示に
    ・人が立ち入れない危険エリアの地震直後
      の画像受信(オプション)

  • 使用事例:サーバールーム

    ・各サーバールームの震度情報の集約に
    ・サーバー室の地震直後の画像受信
      (オプション)

■オプション
ピックアップオプション
クラウドロガーオプション
動画監視カメラ / ソーラーパネル(エコモット製)
動画監視カメラ / ソーラー
パネル(エコモット製)