PR情報

エコロジー
2分30秒でわかるIMV
なるほど!振動計
なるほど!地震計
目で見る振動試験
振動シミュレーションシステムのしくみ
製品プロモーション映像

地震計センサーの原理

地震計 Seismic Monitoring System

センサーの原理 Principle of Sensor

地震を検知するセンサーには大別すると「電気式」と「機械式」があります。
IMVの地震計はすべて電気式センサーを採用しています。

Sensors which detect earthquake are generally classified into two categories; Electric and Mechanical types. All of IMV's seismic monitoring systems adopt the electric type sensors.

サーボ式 Servo Type
サーボ式 イメージ1

電気式の代表的な原理です。直線信号の加速度から安定して出力ができます。
地震計にはこの素子を3軸に組み込みます。

This is the most advanced principle of the electrical types. Servo type sensors allow acceleration to be detected from 0 Hz. Three units of the servo type sensors are equipped in a seismometer to detect accelerations in 3-axis.

サーボ式 構造イメージ
サーボ式 イメージ2
落球式 Drop-ball Type

鉄球と受座の寸法比で反応加速度値を設定。
欠点:直下型地震に未対応・最大レベルがわからない

Trigger Acceleration value is set with proportion of a steel ball diameter and a top area of a pedestal.
Disadvantage; It is not suitable to a strong local earthquake missing to detect the peak amplitude.

落球式 イメージ
振子式 Pendulum Type

接点とマイクロメーターの寸法比で反応加速度値を設定。
欠点:直下型地震に未対応・最大レベルがわからない

Trigger Acceleration value is set by the graduations of a micrometer which measures the electrical contact distance.
Disadvantage; not suitable to the strong local earthquake missing to detect the peak amplitude.

振子式 イメージ